亀戸餃子 大島店で餃子を食べてみた。

亀戸餃子の餃子が美味しいと聞きつけたものの、いざ亀戸餃子本店の前に行ってみると、行列が出来ていて、なんとなく並ぶのが億劫になってしまってから、しばらく経った頃、どうやら亀戸餃子は本店以外にも何店舗かお店があるという情報を見つけて「亀戸餃子 大島店」で亀戸餃子を食べてみることにした。

まずは、都営新宿線で大島駅へ。大島駅の出口を出て、新大橋通りを新宿方面にちょっと行くと、「ぎょうざ」の看板を掲げている店舗を見つけた。これが「亀戸餃子 大島店」。

亀戸餃子 大島店の外観

亀戸餃子 大島店の外観

通りから見える看板にも「亀戸餃子」の文字が。

亀戸餃子 大島店の看板

亀戸餃子 大島店の看板

なぜか、お店の店頭にはタヌキの置物。4匹のタヌキが寄り添って、営業中の看板を持っていた。

亀戸餃子 大島店のたぬき

亀戸餃子 大島店のたぬき

土曜日の12時ちょっと過ぎにお店に入ってみたが、なかなかのお客さんの入り。店内には、中華鍋で炒められた肉や野菜と、ちょっと焦げた醤油系調味料の香りが漂っていた。

奥の方では何やらグループで飲み会をやってそうなワイワイする声が聞こえる。近所の皆さんに愛されている町中華の様相だ。案内された、カウンターの席についてメニューを眺めてみたが、ラーメンは醤油、 味噌、塩に加えて、もやしそば、タンメンなどのラインナップ。やきそばは、かた焼きそば、ソース焼きそば。ソース焼きそばってのがいいな。そして、一品料理のあたりは、野菜炒め、レバニラ、 肉ニラ炒め。あとは、チャーハン。それにご飯。軽いつまみとして、もやし、きゅうりも用意されているようだ。

一瞬、ビールと餃子のビジュアルが頭をよぎったが、敢えて餃子とチャーハンをオーダーしてみた。餃子のお店だけあって、餃子を大量に焼くことができる体制ができているのか、サクッと餃子が出てきた。餃子の皮は、薄皮。あじつけあっさり。小ぶりながらも 具はたっぷり。サクサク食べられる。亀戸餃子の本店では、二人前の餃子のオーダーが必須らしいが、この餃子なら頷ける。

亀戸餃子 大島店の餃子

亀戸餃子 大島店の餃子

餃子を堪能しつつ、カウンターから厨房を眺めてみると、中華鍋でチャーハンを炒めているのが見えた。やはり、中華鍋で炒めてる様子を眺めているのは楽しい。そして、ほどなくしてやってきたのが、このチャーハンと、スープ。中華鍋で炒めている様子を眺めた後、このチャーハンのビジュアルに加えて、漂う香り…マズいわけがない。ラーメンにも使われているであろうスープと、お新香代わりのもやしが脇を固めて、飽きずに一気に平らげた。旨い。

亀戸餃子 大島店のチャーハン

亀戸餃子 大島店のチャーハン

亀戸餃子 大島店のチャーハンのスープ

亀戸餃子 大島店のチャーハンのスープ

チャーハンをわしわし食べながら、常連っぽいお客さんが餃子を追加しているのが見えた。そうか…餃子がさくさく焼けるなら、最初にまとめて注文する必要はなくて、適切なタイミングで追加すればいいのか。次回はビールと餃子で亀戸餃子を堪能する事にしよう。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です