谷中銀座を散歩してきた。

山手線のぎりぎり内側、鶯谷とか日暮里のあたりに広がっている、いわゆる谷根千と呼ばれるエリアにでかけてきた。谷根千というのは、台東区谷中、根津、千駄木のことで、昔ながらの町並みが残っていたりして、休日にはアクティブなシニアがぶらぶらと歩いている姿をよく見かける。

谷中銀座というと、人通りの多い商店街ではあるが、地元密着というよりは谷根千ブームに乗っかって、観光客向けにシフトした商店街と言ってもいいかもしれない。ま、それなりに人通りが多いし、ところどころ行列しているお店もあるけれど、商店街自体も短いせいか、なんとなく一体感がある商店街というよりは、観光名所になっちゃった通りといった趣である。

おそらくは、観光客向けの商品やサービスにシフトした(もしかすると、シフトできた)お店と、そうでないお店が同居しており、観光客にとっては前者の方に魅力を感じ、前者の売り上げは上がってそうであるのに対して、後者は観光客というリソースをどう活用していいか分からなくて、戸惑いつつも従来通りの商売を続けているといった印象は否めない。例えば、もっと滞在時間を延ばすための何か手は打てそうな気がするし、最寄り駅からの動線を意識した案内も工夫できそうな気がしないでもない。

とはいえ、あれだけのお客さんを集められていて、さらにいくつかのお店で行列しているのはさすがだと思う。

谷中銀座の入り口

ゆうやけだんだん付近

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です