秋葉原のそば「あきば」

どうやら、秋葉原に美味しい蕎麦屋があるらしいという記事を見つけて、ちょっとそばを食べに行ってきた。

JR秋葉原駅で降りて昭和通り口の改札を抜けると、右側に立ち食いそばのお店を眺めながら、京都のラーメン屋さんである新福菜館や味噌煮込みうどんの山本屋総本家があるエリアに到着する。

お店の外観はこんな感じ。「あきば」の店内にはカウンターの席と、大きなテーブルの席がいくつか。基本的には、一人客が気兼ねなく入れる感じ。

あきばの外観

あきばの外観

お店の入り口に券売機があったので、とりあえず冷やかけそばに、てんぷらが乗ったそばにしてみた。しかも、大盛り。トッピングとして、ゆでもやしが乗ってるのが新鮮。

冷やかけ天ぷらそば大盛り

冷やかけ天ぷらそば大盛り

ダシの聞いたつゆに漂っていたそばは、ちょっと太め。どちらかというと、ワシワシ食べるようなそば。サラリーマンの昼飯としては悪くない。

そばはちょっと太め

そばはちょっと太め

また近所を通りがかったら、「あきば」のそばを食べに来たいような気がする。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です