東京駅でランチ。矢場とんのみそかつを食べた。

東京駅で昼時になったので、たまには東京駅でランチ食べてみようかと思ったった。とはいえ、特にこれといった目当てのお店があるわけでもなく、ふらふらと歩いていたら、東京グランルーフにたどり着いていた。

位置的には八重洲の大丸の隣…というか、八重洲口中央改札の地下あたりというか…。とりあえず、細長いエリアに、浅草今半のような、ちょっと高そうなお店から、ちょっとしたバルまで比較的小さな店舗が並んでいた。

そこにあったのが、「みそかつ 矢場とん」の東京駅グランルーフ店。大きなキャリーケースを引っ張ってる旅行客の皆さんが多少並んではいたけど、そんなに時間かからないだろうと踏んで、入ってみた。

おてふきにも「矢場とん」

おてふきにも「矢場とん」

矢場とんお手拭きで手を拭きながらメニューを眺めてみて、なんとなくお得そうな気がしたので、わらじとんかつ定食にしてみた。どうやら、ソースを選べるようだったので、ソースと味噌だれ半々にしてみた。

待ってる間、これといって、する事もないので矢場とんのWebをながめていたが、矢場とんって台湾にもお店を出しているらしい。2016年2月ってことは割と最近。矢場とん、攻めてるなぁ…と、どうでもいいことを考えているうちにみそかつが到着。

わらじとんかつ定食

わらじとんかつ定食

サイズ感は…あぁ、確かにわらじ。でもまぁ、厚さがほどほどなので、肉の量という意味では値段相応な感じもするし、1600円は高くないんじゃないかというのがぱっと見の印象。

みそかつをウリにしているだけあって、味噌だれが旨い。甘味も強いが、これがご飯に合う(松屋の定食のおかずが必ず甘いことをふと思い出した)

しかも、単に甘いだけではなく、八丁味噌由来の複雑な味わいがあって飽きない。とんかつとの相性は言うまでもないが、キャベツに味噌だれを和えてみるのも美味しい。

一方、味噌ダレじゃない方のソースもあんまり食べたことない味。フツーのとんかつソースじゃなくて、矢場とんオリジナルだろうな。こちらは甘味少なめ。

すりごまをかけてみる

すりごまをかけてみる

すりごまが用意されていたので、素直に使ってみた。味噌ダレととんかつが比較的濃厚な味わいなので、さらに複雑な味わいになるのと、気分を変えるのにちょうどいい。結局、すりごまに加えて、からしを使ってみたので、ちょっとカオスな状況ではあるが、味噌ダレがうまく包み込んで美味しく食べ終えることができた。

先日、名古屋メシの「味噌煮込みうどん」を食べた時もそうだったが、ふだん、八丁味噌を使った料理をほとんど食べないせいか、「八丁味噌うまいなー」と感じた。やはり、味噌にはクセになる要素がある。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です