水道橋の「とんがらし」で天盛りそば、ねぎとろ丼を食べた

水道橋に「とんがらし」という、そばのお店があることを見かけて食べに行ってみることにした。

水道橋のとんがらしの外観
水道橋のとんがらしの外観

お店があるのは、JR水道橋駅から水道橋西通りをちょっと歩いて脇道に入ったところ。確か、立ち食いそばのお店だった気がするけれど、店頭から覗いた感じでは立ち食いではないようだった。お店の改装に併せて、立ち食いから椅子席に変えたってところだろうか。立ち食い時代はお店の入り口近くに券売機が置いてあったようだけど、お邪魔した時は入り口近くで食べたいものを申告して、その場で料金を前払いするスタイルになっていた。

到着した時には店内が一杯だったので、多少、店先で待っていたのだが、その時にメニューを眺められたのだが、いきなり「何にしますかー?」と聞かれると厳しいものがあるかもしれない。まぁ、券売機であってもそれは同じことか。そんなことを考えながらも、天盛りそばとネギトロ丼をお願いしてみた。ひもかわにも興味を惹かれたが、まぁ、最初はそばかな…と。

天盛りそばとネギトロ丼をお願いしたにもかかわらず、店員さんに「ネギトロでいいですか?」と確認されて意味がわからないままに「ネギトロ丼で」って返していたが、後からやってきたお客さんのオーダーの様子を眺めていたら、実はネギトロかトロタク(ネギの代わりにタクアンを混ぜたもの)を選べたらしい…。まぁ、常連さんが多そうだったから、多くの人は困らないんだろうけども、メニューのどこかに書いておいて欲しいなぁと思った。

席に案内してもらったら、ほどなくして天盛りそばとネギトロ丼が提供された。天盛りそばのてんぷらは小エビ、なす、いか。パッと見た感じ、大量の天ぷらに圧倒されてしまう。そのボリューム感は、まずは、天ぷらをよけるなどしないとそばが食べられないほどだ。とにかく天ぷらの印象が強いけれど、薬味の生姜とネギがよく合うようなそばつゆも美味しい。

とんがらしの天盛りそば
とんがらしの天盛りそば
とんがらしのそばはほどよい太さ
とんがらしのそばはほどよい太さ

ネギトロがたっぷり盛りつけられたネギトロ丼も美味しい。まぁ、ネギトロ丼に舌鼓を打っていると、大量の天ぷらがそばつゆを吸い上げてしまうことになるので、もしかすると、天盛りそばを食べ終えてネギトロ丼に移行するのも悪くないのかもしれない。

とんがらしのねぎとろ丼
とんがらしのねぎとろ丼

天盛りそばとネギトロ丼のセットだと軽く1000円を超えてくるので、もはや立ち食いそばのような気軽さはないけれど、ボリューム感溢れる天ぷらと、ネギトロ丼で満足感溢れるランチを楽しむのも悪くないのかもしれない。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。