「立ち呑み 粋 亀戸店」でサク飲みしてきた。

ちょっと亀戸駅近くに用事があったので、用事のあと、ちらっと飲んで帰ろうかなと思ったので、亀戸駅前をぶらぶらしていたら見つけた「立ち呑み 粋 亀戸店」でさくっと飲んできた。

「立ち呑み 粋 亀戸店」は、亀戸名物の亀戸餃子やホルモン青木のある通りを駅とは逆の方向にちょっと行ったところにあった。店頭はこんな感じ。以前は、小料理屋さんかなにかのような店舗。

立ち呑み 粋 亀戸店の外観。

立ち呑み 粋 亀戸店の外観。

お店に入ると、カウンターと二人がけのテーブルが2つくらい。まぁ、大きな店ではないので、常連さんが飲みに来ればあっさり席が埋まってしまうような感じ。あれ、でも、このお店は「立ち呑み」だったはずだけど…ちゃんと椅子があった。たまたま、カウンターの席が空いてたので案内して貰えた。

カウンターから見える風景

カウンターから見える風景

カウンターから見えるところにはメガサイズの案内。注文の頻度が下がれば、まぁ、店員さんも一人なので、お互いにメリットがあるんだろうなぁ。ってことで、素直にメガサイズのチューハイをお願いした。…まぁ、デカい。氷もたっぷりだけど、こういう小さなお店では店員さんのことも考えて呑むことも大事なのかもしれないしなぁ。

チューハイのメガジョッキ

チューハイのメガジョッキ

カウンターに貼ってあったメニューをざっと眺めた感じだと、300円、200円、100円のそれぞれのおつまみがあった。なんだか300円メニューが高級品に見えてくるのが不思議なところ(笑)

300円メニュー

300円メニュー

200円メニュー

200円メニュー

レギュラーメニューに加えて、壁にはおすすめボードがかかっていて、その時々のおつまみが楽しめるようだった。

店内の壁には短冊メニュー

店内の壁には短冊メニュー

というわけで、まずはまぐろたたきと、さんまの竜田揚げを頼んでみた。まぁ、オーソドックスなおつまみではあるけれど、立ち呑み屋さんの価格帯で出てくることは珍しいし、しっかりとした味付けで美味しかった。

さんま竜田揚げ

さんま竜田揚げ

まぐろたたき

まぐろたたき

んで、さらに、あさりの唐揚げ。これまた珍しいメニュー。小さいアサリに衣を付けて揚げたもの。あさりのむき身は簡単に手に入る素材で、時々、ねぎや三つ葉とかき揚げになって出てくることはあっても、あさりだけで唐揚げになっているのは珍しい。食べてみたら美味しかった。あさりの唐揚げ、他のお店でも食べられるようになるといいなぁ。

あさりの唐揚げ

あさりの唐揚げ

さらに、おすすめボードから選んでみたのが「ピリ辛肉春雨炒め」。鉄板メニューを提供するときの鉄板にたっぷりの春雨がたっぷり。なかなかスパイシーな感じで美味しい。

 ピリ辛肉春雨炒め

ピリ辛肉春雨炒め

ふらっと入ってみた「立ち呑み 粋 亀戸店」だけど、安くていい感じのおつまみを楽しめるいい店だったなぁ。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です