再び、新小岩の「しげきん」で飲んできた。

半年くらい前に訪れた、新小岩の「しげきん」に再訪してきた。今回はぱぱっと飲んできたので、写真は料理だけしか撮ってなかった(汗)

「しげきん」の外観はそのまま。

新小岩の「しげきん」の外観

まずは、前回頼んで満足度が高かった「あじのたたき」。やっぱり薬味たっぷりがうれしい。

あじのたたき

仕入れの状況に応じて、刺身の魚が変わっているようで、今回はコチの刺身があったのでお願いしてみた。今回も早い時間にお邪魔したはずだったが、私のオーダーでコチは最後だったようだった。味のしっかりしたポン酢とセットで提供されて、さっぱり食べることができた。ネギたっぷりがうれしく、これまた美味。

こちの刺身

あとは、ほたてのぬた。ボイルしたベビーほたてに、おそらく麦味噌を使ったぬた味噌をかけたもの。立ち呑み屋で、この手のメニューを楽しめるのはやっぱり嬉しい。

ほたてのぬた

これまた、前回、頼んで美味しかったメニュー。ねぎま煮。一見すると、材料さえあれば、自宅でも作れそうなメニューではあるが、煮汁や煮加減の再現性が難しいんだろうなぁ。

ねぎま煮

ちょっと揚げ物が欲しかったので天盛をお願いしてみた。種は3つだけど、おつまみとしてはちょうど良いボリューム。揚げたてのてんぷらはビールに合うなー。

天盛(てんぷら盛り合わせ)

砂肝のソース煮とか、もろもろのメニューを頼みそびれたし、〆メニューも食べてみたかった気がするし…また再訪しよう。

追記
というわけで、2020年12月に再訪してきた。新型コロナウイルス感染予防対策ってことで、立ち飲みカウンターに仕切りが設置されていたけれど、基本的にはいつものしげきんのままだった。

さて、今回はサク飲みってことで、鶏の唐揚げと鰆の照り焼きをお願いしてみた。唐揚げはジューシーなもので、ふわっとした食感で揚げたて。美味しくないはずがない。しげきんらしい一品が鰆の照り焼き。オーダーしてから焼き始めるので少し時間はかかるけれど、焼き魚をアテに飲めるというのはいいなぁ。

鰆の照り焼き。
鰆の照り焼き。
鶏の唐揚げ
鶏の唐揚げ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です