支那そば 大和で「冷製すだちそば」を食べてみた。

浅草から上野方面に向かってふらふら散歩していたときに、たまたま店頭の看板で「冷製すだちそば」のことを見かけたので食べてみることにした。

支那そば 大和の店構え

冷製すだちそばの看板

遅いランチのせいか、店内のお客さんはまばらだった。券売機で「冷製すだちそば」のチケットを買ってカウンターに座った。待つこと数分、「冷製すだちそば」が提供された。

堂々のすだちそば

全粒粉の麺

冷たいスープに、冷やした麺。そして、輪切りにしてあるすだちが何枚も乗せられていた。見た目がとても涼しげだし、すだちの酸味も暑い時にぴったり。スープは冷やしてあるもののキンキンに冷えている訳でもなく、ほどよい冷たさだった。そういえば、提供時に店員さんからは、スダチは苦味が出てきたら避けるようにと小皿を渡された。なるほど、すだちには苦味もあったんだなぁ。

冷たいスープは、脂分が少なく(豚や牛の脂だと、あの温度だと凝固しちゃうんだろうな)鶏とか昆布がベースだと思うけれども、実に優しい味わいのスープ。スダチに加えて、荒くおろした、おろしたての大根おろしでパンチのあるスープとしても楽しめた。

麺は細い全粒粉の麺。麺自体にしっかりと味わいのある、美味しい麺だったような気がする。そして、トッピングは糸状の唐辛子、メンマ。大根おろしは、何となくそば用の辛みの強い大根だったような気がする。

いやはや、たまたまの飛び込みで入ったお店だったけれど、夏の定番にしたい一杯だった。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です