浅草の花屋敷前の「釜う」で讃岐うどんを食べた。

浅草界隈を散歩していたら、ちょうど花屋敷の入り口の前に讃岐うどんのお店を見つけた。お店の名前は「釜う」。「釜」揚げ「う」どんってことだろうか、とか考えながら店をのぞき込んだら、休日の昼下がりだけあって、なかなかの客の入りではあったけれど、なんとか入れそうだったので、讃岐うどんを食べることにした。

メニューはいくつかあって、かけうどんに「ひやひや」とか「ひやあつ」とかある辺りは、香川県の本格讃岐うどんのお店みたいなか感じ。で、とりあえず、隣に座っている人が食べている肉うどんが旨そうだったので…という理由で、肉うどんを食べてみることにした。

ほどなくして出てきたのが、こんな感じの肉うどん。お客さんも入っているし、常時、うどんを茹でているんだろうということで、これは期待できるのかもしれない。

kamau

お腹空いていることもあって、この肉うどんは旨そうだ…と思って食べ始めたものの、、、思ったよりも麺が太い。しかも、うどんのコシって感じよりも、ちょっと茹で時間が足りない感じがするなぁ。上の写真には写っていないが、サイドメニューの天ぷらが大ぶりで揚げたてだった分、なんだかうどんが残念な気がした。(もちろん、駅の構内で食べられるような、立ち食いそばのうどんに比べれば、充分に美味しいんだけど)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です