蔵前の「酒のフタバ」で角打ちしてきた

何やら蔵前の酒屋さんで、いい感じの角打ちを楽しめるということを聞きつけて行ってみた。

場所は蔵前駅から、少し歩いたところにある「酒のフタバ」という酒屋さん。当然ながら外観は街の酒屋さんなので、店内を覗いてみるまで角打ちができるようには見えない。でも、店先から店内を覗いてみると、店の奥の方に角打ち用のスペースがあるのが見えた。

角打ちスペースは、入り口に近いところにレジがあり、そこでのお支払いする形のキャッシュオンデリバリー。店内が混んでくると、レジ前が混雑するのは仕方ない。

今回の角打ちでは、お得な「せんべろセット」のチケットを購入。この「ぜんべろセット」がぱっと見、異常とも思えるコストパフォーマンス。ビール(ハートランド)と、日本酒もしくはハウスワインを3杯…さらにおつまみ一品までがセットになってるセット。日本酒の銘柄は選べないものの、色んな日本酒を味わってみたいと思う向きにとっては願ったり叶ったりといったところだろうか。

まず、ハートランドを飲んで喉を潤すところから。

せんべろセットの最初のハートランド

次に、購入したチケットを店員さんに見せて、日本酒を注いでもらう。並々と。

日本酒は並々と

冷蔵庫には大量の日本酒が貯蔵されていて、思わずにやっとしてしまう。

日本酒は冷蔵庫に

日本酒は1杯300円とか500円の価格帯で提供されているようだ。

日本酒500円コーナー

そして、角打ちというと、肴は乾きものか缶詰めか…ってあたりを覚悟していたが、「酒のフタバ」の角打ちコーナーは色んな選択肢があった。まさか、鴨川肉を肴に日本酒が飲めるとは…。なかなか嬉しい。

角打ちだけど、しっかりしたおつまみ

提供されている、日本酒のバリエーションは多いが、別に日本酒一辺倒といった訳でもなく、本直しやワイン、ウイスキーの類も用意されているようだった。

ウィスキーとかも

一通り、「ぜんべろセット」で酔っ払ってしまったが、とても満足度の高い角打ちだった。是非またお邪魔してみようと思う。19時くらいになると混雑してくるような感じだったので、早めに出かけて、ささっと飲んで帰るのがいいのかもしれない。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です