新福菜館 秋葉原店でラーメンと焼きめしを食べた

京都にはいくつも有名なラーメン屋さんがあるが、そのなかでも京都ならではのラーメンとして知られている老舗ラーメン屋さんの一つが「新福菜館」だろう。そんな新福菜館が最初に東京に進出したのが、麻布十番だったが、あっという間に人形町や秋葉原にもお店を出しており、今回は新福菜館 秋葉原店に行ってきた。

新福菜館 秋葉原店は、JR秋葉原駅より東側の神田和泉町にある。近くには、美味しい立ち食いそば屋として知られている「あきば」や、味噌煮込みうどんの山本屋総本家 神田和泉店もあったりして、B級グルメのお店(山本屋をB級グルメ呼ばわりすると怒られるかな…)が集まっている。

大きな通りから一本入ったところに、前は喫茶店か何かであっただろう店舗にが新福菜館秋葉原店になっていた。

新福菜館秋葉原店

新福菜館秋葉原店

店内はテーブル席がいくつかあって、ラーメン屋にしては珍しくカウンター席がない。お店が混んでくると相席になるようだ。

事前にネットで調べたところ、ラーメンも特徴的だが、やきめしも特徴的ということで、今回はラーメンと焼きめしのセットを頼んでみた(記憶が曖昧だが、確か、トッピングとしてネギを増やしたような気がする)

焼きめしは既にある程度まで炒めて置いたものだろうか。ご飯に味…というか、黒い色がしっかり染みこんでいるのに、かなり早く提供された。これ、ゼロから炒めてるとかなり時間かかるような気がするから、まぁ、仕方ない。ま、そんな裏側はともあかくとして、とにかく黒い。ただ、色とは裏腹に塩分はそんなに強烈ではなくて、どっちかというと油たっぷりって感じだ。

新福菜館の焼きめし

新福菜館の焼きめし

そして、焼きめし以上に色の黒さが目立つのが、この中華そば。スープがヤバいくらいに真っ黒だが、色とは裏腹に、どちらかというとあっさり系だから驚かされる。

おそらくは、鶏と豚のスープで、昨今流行っている、ダブルスープって感じではなかった。麺をいち早く食べて、こってり系のチャーハンとスープで食べると、相性がよかった。なんというか、気合いを入れずにふらっと食べに行けるような老舗ラーメンってところだろうか。

新福菜館のラーメン

新福菜館のラーメン

新福菜館のラーメンの黒いスープ

新福菜館のラーメンの黒いスープ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です